ロストボールの状態について、【TGS-SHOP】
 

ロストボールについて Ver1


はじめまして!福井県鯖江市に事業所を構える武生ゴルフサービスです。当事業所は、ロストボールを回収し、販売する事業を行っています。これから、ゴルフボール(ロストボール)に関する記事をご紹介いたしますので、よろしくお願い申し上げます。

ロストボールは、各ゴルフ場のOBゾーンやハザード(池)から回収します。何年も回収業者が入らないゴルフ場の池や山には、想像以上のボールがあります。・・・一面ボールだらけといった感じです。池も底は泥が10cm程溜まっておりその中はボールだらけで、何処を踏んでも、ボールを踏んでしまうほどであります。

しかしながら、ロストボールとして再生できるボールは、限られており、何とももったいない限りです。原因は、長期に亘り山の土や池の水による劣化です。特に顕著なのが、上級者が好んで使用するツアーボール、そうです、打感がやわらかいやつです。ウレタン系のカバーがあしらわれているためか変色が激しく、中には変形しているものもあります。
実際使用してみると、変形したものは、真直ぐ飛びません!当たり前ですけど。変色したものは、それほどではありませんでした。私は、練習ラウンドで近くに1人で回れるゴルフ場があるので、そこで使っていますが私の実力(HC6)では、歴然とした差を感じませんでした。・・・ただ気持ちの問題で、人と回る時には使いませんが・・・練習ラウンドでは十分に使えるということです。

で、できる限り早い段階で、回収できたら、品質が良いゴルフボールが提供できるということです。このことを念頭に早い時期の回収を心がけています。

次回の記事は、ゴルフボールの使用率についてです。
こうご期待!

ページトップへ