ロストボール人気No1、タイトリストプロV1 プロV1X

 
 
タイトリストボールについて
 
自分に合ったゴルフボールを探そう!プロにも愛される「タイトリストボール」とは?
何度かゴルフコースに出てはいても、なかなかプレーが安定せずに「スコアが上がらない…」とお悩みの方が案外多くいるようです。
そこで、今一度見直したいのが、ゴルフを楽しむうえで欠かせない「ゴルフボール」に関することです。
ゴルフクラブはかなり強いこだわりを持って選んでいるのに、ゴルフボールは「どれも大して差はないのでは?」と思っている方も少なからずいるようです。
一口にゴルフボールといっても、それぞれのボールに違った特徴があり、スコアをアップするためには自分に合ったゴルフボールを選ぶことが大切なポイントになります。
そこで今回は、自分に合ったゴルフボールを選ぶために知っておきたいゴルフボールの種類や、プロゴルファーにも愛用されている世界中で大人気のゴルフボールについてご紹介します。
 
 
ゴルフボールの特徴を知り、自分に合ったゴルフボールを選ぶ!
ゴルフボール一つとっても同じものは存在せず、どのボールを選ぶかによってスコアに大きく影響することがあります。
そのため、ゴルフボールの特徴をよく把握したうえで、自分に合ったゴルフボールを選ぶことがスコアを上げるためには必要不可欠というわけです。
 
◆ゴルフボールの種類について
一見同じようにも見えるゴルフボール、実は色々な違いがあります。1つめは、ディンプルと呼ばれる表面の凹み、各メーカーが研究を重ねた結果、大きさや数がそれぞれ違います。ちなみにディンプルが全くない表面がツルッとした形状のボールは真直ぐ飛びませんし、飛距離もでません。これは、ボールのスピン量に大きく影響するためです。次にカバーと呼ばれる表面の樹脂です。硬いものから柔らかいものそれぞれで、ツアープロが使用するツアーボールは、ウレタン系の樹脂が使われており打感に影響するだけでなく、ショット時の方向性にも影響します。次にコアと呼ばれる、ボールの芯に当たる部分です。反発性高い樹脂の部分で、基本的な性能に影響する部分です。ひと昔前の話、私がゴルフを始め頃、ボールの構造は今より単純で、糸巻ボールが主流でした。コアに糸が巻かれ、その上にバラタ樹脂のカバーが施された構造でした。ウッドもパーシモン(木製)の時代で、ボールを上げる技術が求められた時代でした。このボールは、スピン量を増やしてボールを上げ、グリーンに止めることが目的のため、今よりかなり軟らかく、1度トップしようものなら、クレバスのように、カットが入って使い物にならないものでした。現代では、このようなカットは見たことがありません!進化した証です!
現代はクラブの進化と共に、2ピース構造(コアとカバー)、3ピース構造(コアとミッドカバーとカバー)、4ピース(2層コアとミッドカバーとカバー)が生まれました。この構造の違いにより、特性が大きく違います。飛距離、方向性、打感、高さ、ボールスピードなどと、これに影響を与える反発性、スピン量などです。
ゴルフボールとして大きく分けると、2つのタイプがあることを覚えておきましょう。
一つが「スピン系」、もう一つは「ディスタンス系」です。 ことばから想像できますが、スピン系はスピン性能を重視した構造や材質のボールで、打感、・方向性に優れたタイプ。ディスタンス系は飛距離性能を重視し、スピン量を抑えて、飛距離を稼げるタイプです。
少し前の話ですが、上級者はスピン系で、アベレージゴルファーはディスタンス系を使用する傾向がありました。上級者がディスタンス系を使用しなかった理由は、ディスタンス系は、硬い打感で距離感が合わず、しかもグリーン上で止まりにくかったからでした。しかしながら、クラブの進歩とボールの進歩で、ディスタンス系ボールでも打感が軟らかくなり、スピン性能も向上し、スピン系ボールでも、飛距離性能が向上したことで、上級者の多くもディスタンス系を使用するように変化しました。
現在のツアーボールでは、スピン系とディスタンス系の2タイプがラインナップされ、双方の差は、ほとんど分からないほどになってきています。
 
 
プロゴルファーにも使用される大人気の「タイトリスト」
様々なゴルフボールが存在する中で、日本をはじめ、海外のプロゴルファーにも多く使用されているメーカー、それが「タイトリスト(Titleist)」です。
世界中のゴルファーから絶大な人気と信頼を寄せられているゴルフメーカーであり、ゴルフボールはもちろん、ゴルフクラブなどのゴルフ関連用品も多数発売されています。
 
◆ゴルフボールのシェア率No.1のタイトリスト
タイトリストは、ゴルフをする人の間では知らない人はいないほどの人気を誇るゴルフ用品メーカーであり、ゴルフボールのシェア率に関しては全世界の半数近くを保持するほどです。
タイトリストらしい特徴といえば、世界的に活躍するプロゴルファーをはじめ、アマチュアゴルファーにも選ばれるほど高い評価を得ているということです。
 
◆これしかないと思わせるタイトリストのゴルフボール
様々なゴルフ用品メーカーから多様なゴルフボール製品が発売されていますが、タイトリストのゴルフボールの魅力は、何といっても“これしかない“と思わせるほどの「品質の高さ」です。
飛距離性能もさることながら、スピン性能の高さは常に高い評価を得ており、アマチュアはもちろん、プロも強い信頼を寄せる安定感は全てのゴルファーにおすすめのゴルフボールです。
世界のトップで活躍するプロプレイヤーにも認められるその実力は、一度慣れてしまったら「他のメーカーのゴルフボールは使えない…」と思わせるほどで、その使い勝手の良さと安定した性能には大きな魅力があります。
 
◆プロにも愛される「タイトリスト Pro V1X」「タイトリスト Pro V1」
タイトリストから発売されている「タイトリスト Pro V1X」は、すでに新しいモデルが発売されている中で、今もなおプロにも愛されるゴルフボールとして人気があります。
ゴルフボールの種類としてはスピン系とされていますが、新開発された素材を使用したことで効果的にスピンをかけられる他、4層構造にこだわることで中高弾道を実現し、驚異的な飛距離を稼ぎやすいといった性能を持っています。
タイトリスト Pro V1Xとは別に、全てのゴルファーにより安定した飛距離と弾道を実現させるためにと、非常にソフトな打感が備えられたゴルフボールが「タイトリスト Pro V1」です。
トッププロの間でも使用率が高いゴルフボールで、35m/s以上のヘッドスピード適応し、コントロール性能に長けてミスが少ないゴルファーの方におすすめです。
 
タイトリスト Pro V1Xタイトリスト Pro V1の違い
プレイヤーによって適しているゴルフボールのタイプは違いますが、タイトリストのゴルフボールであれば「Pro V1X」と「Pro V1」のどちらを選択したとしても非常に満足のいく結果になるはずです。
世界中のゴルファーに愛されるタイトリストのPro V1XとPro V1は、あらゆる場面で必要とされる安定したパフォーマンスを実現できるようにと精密に設計され作らています。
長年ゴルフを楽しむアマチュアゴルファーだけでなく、これまで以上にスコアを伸ばしたいという全てのゴルファーにおすすめのゴルフボールです。
Pro V1XとPro V1でどちらを選ぼうかと迷った際には、ゴルフボールフィッティングを受講するのも一つの方法ですが、それぞれのゴルフボールの特徴を踏まえながらご自身により合ったゴルフボールを選ぶという方法もあります。
打感でいえば、Pro V1の方がより柔らかいとい特徴を持っていますし、弾道に関してはPro V1Xの方がより中高弾道で安定性があり、より高いスコアを目指すときにもおすすめです。
 

今回は、自分に合ったゴルフボールの選び方や、プロゴルファーにも使用され大人気のゴルフボール「タイトリスト(Titleist)」について色々とご紹介してきました。
ゴルフボールといっても様々なゴルフメーカーから沢山のゴルフボールが販売されているため、それぞれのゴルフボールの特徴を踏まえながら、自分に合ったゴルフボールを選ぶことが飛距離アップやスコアを向上させるためには非常に重要です。
今まさに「ゴルフコースをラウンドしているけど中々上達しない…」とお悩みの際には、いま使っているゴルフボールを今一度見直してみてはいかがでしょうか。

ページトップへ